首都圏生活サポート

東京生活社訓

一、商売は世の為、人の為の奉仕にして、利益はその当然の報酬なり。
二、店の 大小よりも 場所の良否、場所良否よりも品の何故。
  (品質、立地の重要さ)
三、売る前のお世辞より売った後の奉仕、これこそ永遠の客を作る。
 (顧客満足度をあげる)
四、資金の少なさを憂うなかれ、信用の足らざる憂うべし。
 (資金より大切な財産、それは信頼である)
五、無理に売るな、客の好むものも売るな、客の為になるものを売れ。
 (流行に惑わされない、いいものを提供する)
六、良きものを売るは善なり、良き品を広告して多く売ることはさらに善なり。
 (流行に惑わされない、いいものを提供する)
七、紙一枚でも景品はお客を喜ばせる、つけてあげるもののないとき笑顔を景品にせよ。
 (良い接客でお客様に奉仕を)
八、正札を守れ、値引きは却って気持ちを悪くするくらいが落ちだ。
 (デフレーションの仕組みは、この訓示に逆行していますね)
九、今日の損益を常に考えよ、今日の損益を明らかにしないでは、寝につかぬ習慣にせよ。
 (長期的視野も大切、今日一日の経営も大切)
十、商売には好況、不況はない、いずれにしても儲けねばならぬ。
 (商売の鉄則、松下イズムに通じるのもここにあり)

↑ PAGE TOP