首都圏生活サポート

ホテル清掃員とは

 ホテルの仕事といえばフロントやベルボーイなどをイメージしがちですが、お客様が快適に過ごせる環境を作る「客室清掃員」も欠かせない存在です。

ホテル清掃業務

ホテル清掃サービス
客室清掃 客室清掃員の基本業務として、お客様がチェックアウトした後の客室の掃除があります。 室内にあるゴミを回収し、テーブルや水回りなども汚れが無いように拭き掃除します。清掃を行っているうちにホコリが出てくることも考えられるので、掃除機がけは最後に行うのです。 客室清掃は一つひとつの作業内容だけでなく、「どれを先に片づけるか」という段取りも大切です。ルーティンワークを繰り返しながら、作業を効率化していくスキルを身に着けることができます。
リネン交換 全体の清掃が終わったら使用済みのシーツやタオル、マットなどのリネン類を交換します。 ホテルの規模が大きければ大きいほど、交換するリネンの量も膨大なものになるでしょう。そのため客室清掃員は、担当した客室すべてをできる限り素早く回る必要があります。「接客業が苦手だが作業をテキパキと行える」という人にこそおすすめしたい仕事です。
ベッドメイク

ベッドメイクは、客室清掃員としてのワザの見せ所です。 回数を重ねるごとに作業を効率化して、手早くきれいに仕上げることができるようになるでしょう。客室清掃の必須技術なので、こうした研修が充実している会社も多いです。 シーツや布団のセットをきれいに効率よくこなしていく、プロ級の家事スキルが身につくメリットがあります。

アメニティの確認・交換・補充

客室清掃を行いながら、お客様が使った後のアメニティを交換・補充していきます。 シャンプーやリンス、歯ブラシなどの消耗品だけでなく、使用した湯飲みや食器なども交換します。 スリッパや椅子などはお客様が直してくださることもあるので、パッと見ただけでは配置の乱れに気づかないこともあるでしょう。こうした細かいポイントにも気を配れる、几帳面な方に向いた業務です。

客室清掃の仕事は、単に「家事スキル」の高さが求められる訳ではありません。
客室清掃が行える時間はあまり長くないため、仕事を一気に片づける「集中力」や、効率的に仕事をする「段取り力」も必要なのです。

↑ PAGE TOP